Powered by Six Apart
フォトアルバム

Basenji komarigao

フォトパスお友達

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月23日 (月)

秋深まる・・写真展の季節

今年も写真倶楽部の作品展の候となり、只今、二つ目の写真展が開催中。

2015seig




今年は13日間のロングラン

















Pb220204


28日にはイベントあり








知り合いが来場の折はさて、お昼restaurantはどこで・・


娘はんと…夙川のアルテシンポジオにて


Pb190193

Pb190194


セコ蟹とイカ墨パスタ





 

Pb190195Pb190196
オジサン(魚)のウロコ焼

連れはワイン飲みますんで¥5000/人






写真仲間と…近くのイタリアン「しんのすけ」


Pb220200Pb220201

Pb220202

ランチコース¥1500






一時寒かった週もあったけど、ここのところ比較的暖かく紅葉がイマイチ。


久しぶりにE-M1を持ち出して…

Pb2200052Pb220015

金仙寺湖近くの柿の木
何だか桜のようです






Pb220017tpPb220025hanten

竹林を背景に山の柿の木








Pb220026psPb220027vtgps


山道に見る黄葉













Pb220029vtgpsPb220032vtgps
















さて今週半ば寒くなるとか、紅葉の仕上がりは如何なりや

 

 

 

 








 

秋の収穫・秋の味覚 11月

 

今年の柿は数だけは大豊作となる。
ただ、そのうち落ちるだろうと摘果せずにいたら、実は小さいまま…あたりまえですけどねcatface


Pb170181

Pb170182



高枝鋏で採るのも結構コツと手間がいるので適当に採ってってと言いたいところなんですが・・






そしていろんなものをお返しに頂いたり…



Pb170184_2

パンケーキ大の椎茸だったり・・
(こんなに育つんだ~びっくりぽんだすeye










焼き椎茸にする…


Pb180188


この日のメニューは茶碗蒸しと鶏のくわ焼












洋梨、ラ・フランスの季節。盛りで買ったのでシロップ漬けにする。


Pb170185Pb170186















普段、なかなかスーパーで見かけない白板昆布だけど、この時期になると売り場にあるんですね、正月飾り用に。
そして蟹解禁となりセコ蟹が売り場に並ぶ。

Pb220205

勢子蟹の内子、外子、カニみそ旨し
しかし、鮨屋のように身を美しく取るのは難しい
冊を薄切りにする時には刺身包丁。





Pb220206


白板昆布の酢漬けを上に載せて、昆布〆鯛とサーモンの箱寿司








だけど、いつも思う、作る時間>食べる時間・・・(笑)
















































 

2015年11月21日 (土)

秋の鳥取砂丘・しわがらの滝・湯村温泉・・撮影旅行Ⅳ

日のあるうちに湯村温泉井筒屋に到着。

Pb010132


ロビーでチェックイン










今回ビジネスひとり旅宿泊プランなもんで、安上がり旅行であります。


Pb010134

Pb010135

Pb010136
んだもんで一人居酒屋コーナーで寿司御膳となる。






翌朝の朝ごはんは個室で仕切られており、バイキングでなくてほっとする・・

Pb020143


今回の旅行でほっとした食事は「骨まで愛して御膳」とこの朝食だったかなwink






そして朝から雨・・なんとタイミングのよいこと。撮影旅行中はセーフだったし。


Pb020648Pb020687

霧に咽っておりました








Pb020652Pb020657











Pb020660


温泉茹で卵をお土産にする






Pb020664Pb020668


川から湯煙
98℃とか











Pb020886



紅葉もそれなりに










日のあるうちに帰宅ということでお土産買って家路につく。

湯村温泉を出たら、何と、延々40km近く下りのカーブにぎょぎょ。
制限時速を守るので後から来ませんように~状態で、北近畿自動車道までようやく。
舞鶴道→中国道と帰る。

ETCの安いのに2度びっくりぽんな旅でありました。

 

 

 













 

秋の鳥取砂丘・しわがらの滝・湯村温泉・・撮影旅行Ⅲ

さて翌朝、朝日撮りには参加せず、早めの朝食・・
二日目、砂丘のらっきょう畑に再び寄り、お昼は道の駅、その後新温泉町のしわがらの滝に行くというプラン。


しかし、らっきょうの花は結局のところ押さえの1枚、寄りの1枚が撮れてなかった。
べっぴんさんを見つけられず、中途半端だったかなぁ。


Pb010129

Pb010130

Pb010539
ビジネスホテルでは自前のバター
きなんせ岩美で「ヤマガレイの骨まで愛して御膳」これは旨し




2

Pb010523vtgps












そしておもしろ昆虫化石館にて車を置き他の車に便乗となり、いざ、しわがらの滝へ・・




看板のあるところまでうねうねと上り、そこから片道40分。ぜぇぜぇと上り、下って一旦集合…

Pb010544

Pb010547mono

とても一人では来れません
熊も出るらしい







それからが、沢へ下りていくのであります。途中鎖場、ロープ伝いあり。
沢間近では急な下り。当然帰りは上りやねぇ。



ようやくたどり着く・・


Pb010598

前方右手に洞窟
前方の流木を越え、最後の鎖場を越える必要あり
雨が降ったら水量が増えるので危険であろうかと

全員無事とうちゃこ







Pb010602Pb010606tp2

大きな栃木
何やらヤマアジサイ風の枯れもの













順番に洞窟へ・・





Pb010589ps


先生の魚眼をお借りして









Pb010583pp




空が入ると白とびになるので空を入れないと・・








Pb010573

Pb010569

洞窟の中
上と下







今回このために長靴を調達。


せっかくだから水の中に入り…

Pb0106152ps

Pb010623













ぼちぼち紅葉というところでしょうか…

日がかげるのが早い帰り道・・

Pb010630











入れ違いに滝方向に向かった、普通のアベック、めちゃ気になるんですけど…
あの時間で、無理ですやろsweat01



昆虫館にて皆さんとお別れをして私は湯村温泉に向かう~
7km位なので楽勝。


つづく~




















 



























秋の鳥取砂丘・しわがらの滝・湯村温泉・・撮影旅行Ⅱ

そして当日の砂丘・・砂の上を歩くのは結構疲れるもので、そのうえ、帰りが上りで暗い中方向間違えて遠回りしてしまうsweat01


雲の具合がとてもよく、天使の梯子も出てる撮影日和








Pa310447pp

Oh~あれが馬の背ですか~
砂に足を取られながら歩く・・







Pa310422pptr32

Pa310429pp2




その時間帯パラグライダーがまだ飛んでいた











Pa310438ppPa3104502









Pa310441Pa310459pp


何しろ空が素敵で…








Pa310462ppPa310482

いろんな表情を見せてくれる








Pa3104772

Pa310871

帰りを考えたら波打ち際まで下りる元気は無かったですねsweat02元気なメンバーは波打ち際の光を捉えに…






Pa3108702

Pa310485vtg



漁火が見え始め、あっという間に闇が迫り、えっちらおっちらと、駐車場に着いた時はふうふうの体でありましたcoldsweats01








さて、ホテルまでの運転はナビがご親切にも近回りだか途中右だの左だのとの指図で、結局一方通行に阻まれオタオタ。どうしても正面玄関に横付けできない~着いた後も駐車場入り口探しでクルクル、降りたら降りたでホテルはどこ??パニくる。狐か狸か?

いや、いや、
夜は完全に方向音痴と判明!

その後の懇親会の居酒屋へは無事とうちゃこ~みなさんとご一緒でしたから(爆)




つづく~






 





 

2015年11月 8日 (日)

秋の鳥取砂丘・しわがらの滝・湯村温泉・撮影旅行

 

月末より参加コミュの合同オフ撮影会で鳥取方面へドライブする。

直前までJRで行こうか、移動のことを考えるとやはり一人ドライブか考えに考える。
ナビでシミュレーションして、えーい、頑張ろう・・sweat02

シニアにして初めてのお使い状態、唯我独尊無我夢中、そして背中はバンバンジーcoldsweats01

なんとかなるもんですたい。中国道→鳥取自動車道 147km 2時間半で無事到着。
ETC割引で¥1430 安っ! ただ制限時速少々で走るもんだから対面通行時はきつかった~「ゲッ、後にぴったり迫らないでくださいよぅsign04」という状況sweat01

オフ撮影会プランでは翌日新温泉町のしわがらの滝後解散して終了だけど、折角なので私は湯村温泉に泊まって明るいうちに家路につくことにした。ひとり旅の始まり始まり…


Pa310124

Pa310126

加西SAでトイレ休憩
鳥取駅前の「すなば珈琲」でランチ
ボリュームあってお得感!
すぐに満席となる






砂丘センターに集合…

Pa310348wc



地元メンバーさんに大変お世話になる
朝日・夕日コミュ/花コミュ管理人の先生方参加










さて、らっきょう畑に移動してらっきょうの花撮り…

空、枯れ木、花、海すべて良しの天候~


P1010849


まず、こういう風景がお出迎え







P10108562

Pa3103622

シャラシャラとした立ち木の姿に惹かれる










らっきょうの花はヒガンバナ科と聞けば、その姿に納得・・

Pa310865ffpsPb010489ffps











あとは、印象に残った姿をカメラに収めるのみ…




Pa310353pp

Pa310370ps22_2Pa310395gr












Pa310386ps

Pa310382

ネットがあると・・
覗きたくなる
雑草があると撮る・・習性(笑)





Pa3103812

Pa3103662











Pa310387ps2Pa3103882

サバンナに落ちてる骨を連想








Pa3103672

















押さえの1枚が撮れないままにアフタヌーンティーでゴルフ場まで移動…

Pa310127


ケーキセットをご馳走さま









外を見れば・・・

Pa310412ps


虹が出ていた!














そして夕日が落ちる砂丘に戻る…



つづく~


 



























丹波コスモス園と砥峰高原バス旅行・Ⅱ

そしてバスは神河町砥峰高原へ。
ぐるぐるとバスが標高を上がっていくと結構な高さ。970m越えの高原が現れる。




Pa190224vtg3ps

Pa1902152



広すぎてどう撮れば・・戸惑う









 

Pa190228vtg

Pa190230vtgcb2

Pa190237pptrps

砥峰のススキの穂は白く美しい









Pa190240monoPa1902422

Pa1902512


ロケ地で有名








Pa190245vtg22









Pa1902462








Pa190244pp

Pa190250pp

薄に混ざってリンドウ







Pa190252pcwb2Pa1902592

 










Pa1902652ps

Pa190268wb













Pa1902662


とのみね自然交流館の展望テラスより









そして土産片手にバスの人となる・・































 



 

2015年11月 4日 (水)

丹波コスモス園と砥峰高原バス旅行

氷上、清住のコスモス畑と砥峰高原のススキを見る日帰り旅行に行ったのは10月中旬過ぎ。氷上辺りだとcarで行けそうな気分だけど、砥峰高原は少々ハードルが高い気がして、まずはバスでお試しである。それに、近頃のバス旅行は何だかんだとお土産がついてくるから子供だましと思いつつも乗っちゃいました。

梅田集合より便利な川西能勢口集合。
まず最初に連れて行かれたのが何だかお馴染みの丹波黒枝豆の畑。

Pa190154

Pa190155

Pa190159

枝豆もぎのアクティビティとなる
お代わりは看板の御代だよ~




そして早めの昼食は団体客向けの観光施設、丹波の玉水にて…

Pa190161


牛肉100gと丹波こしひかり500g、他少々のお土産付








写真を撮る者としては放っておかれる自由時間が長ければ長いほど嬉しいのだけど、バス旅行は大抵忙しくて、撮影スタイルがスローな私は不完全燃焼のまま、あたふたとバスに乗り込むのが毎度のこと。ほんま、ちゃちゃっと撮れまへんなぁ。

そして休耕田利用の里山コスモス。清住は春のカタクリの花でも知られている。

Pa190164ffPa190172vtgcbps2

里山の魅力は引いても絵になること







Pa1901752Pa190179tr











Pa190183vtgps2Pa190185cp


魚眼のレンズキャップが面白かった。






Pa190190Pa1901932













Pa190208ddps2Pa1902112










そしてススキの名所へ・・・

つづく~