Powered by Six Apart
フォトアルバム

Basenji komarigao

フォトパスお友達

自己紹介 Feed

2006年12月 5日 (火)

新家族会員?

Qpihgo1x



ラムちゃんでーす!




娘がよそに預けていたバセンジー犬でラムちゃんて言います。預かってくれていたところが気管支炎になって戻ってきたようですが、アパートは禁ペットなんで、バセンジーは吠えないとはいっても実家に引き取られるのは時間の問題かも…それにしてもトホホの顔したワンコが好きですな。性格的に難しい犬種と聞いているけど…賢いか馬鹿かどっちかとかね。


2006年7月18日 (火)

わたしがベッキーどっせ

Zcy3yzz5
どんじりにひけえしは、わたし、ベッキーだす。
ペット三匹衆の中では一番の古参dogながら、一番のヘタレで、他の奴らに馬鹿にされてますわ。こう見えてもれっきとした女の子いや、もうおばさん!普段ガサツで散歩の時なんぞ臭いフェチに変身するもんで、いつもオカンにぐいっとリード引っ張られて嘔吐きそうになってま。つぶらな黒目が唯一女の子の証ですぅ。このつぶらな瞳をあのゆきベエcatがネコパンチかましよって、それ以来アイツの姿見ると、ムカつくんですぅ。ただからかっただけやのに、本気でやり返すねんからたまらんわ。それともう一つアイツむかつくことがあんねん。わたしは外飼いやのに、ネコやいうだけで、ささっと家の中入ってぬくぬくしてんねんで。家ん中入ろうとしてんの見たら、キーッとなって追っかけてしまうねん。

そんなわたしがなんでマッサージチェアに座ってるかって?カミナリ鳴ったら家ん中入れてもらえるねんて。ついでに、勝手に自分の指定席に決めてんねんやん。毛だらけになるからオカンは嫌がってるけど。

わたしは、これまた、5年前にオカンの職場で家のお嬢ちゃんに拾われて、お嬢が家出る時、わたしも連れて行くならOKという条件やったんやて。
ところが、ワンルームマンションは犬飼われへんいうて、そのままや。子供が飼うペットは最後はオカンが面倒みる事になるのはどうも世の習いみたいでっせ。「ベッキーほんまにかわいいなぁ。」言うてくれてたのが懐かしいわ。

旅行中のペットお泊りの時、皆に馴染めんで犬の幼稚園では丁重にお断りされてさぁ、結局獣医さんち預かってもらったんやけど。やっぱりわたしも犬の幼稚園行こうかなぁ、友達できるしなぁ。どない思う?


2006年7月16日 (日)

ゆきネエでございます

Pbie3ln2
あれは3年前のことでございます。
ママの職場の裏のダンボール箱に4匹の子猫を産んだのは。
はい、若気の至りというやつでございます。ママ宅に引き取られ、職場のおばちゃん達のカンパで避妊手術をしましたが、4匹の子猫を里子に出すのにそれはそれは奔走したそうでございます。結局わたくし、ゆきにゃんはママ宅に居座る事になったのでございます。

よく家人は「このネコ何考えてるか分からんな。」と言いますが、はい、人間様には甘いひ弱な声で擂りより仲間にはキツーい性質でございます。雑種犬のベッキー姉さんとは、わたくしのネコパンチで動物病院に運ばれて以来犬猿?の仲でございます。といっても人間様に心許した事がございません。合わせ味噌してるだけでございます。野良生活はわたくしの性格をそうしたのでございます。

身を寄せた当時、気弱な先輩がおりましたが、ママの旅行中についにヤツを家から追い出すことに成功したのでございました。「太陽がいっぱい」の主人公みたいでございましょ。
ママは可愛そうだと、捜しましたが行方知れずのままでございます。どこぞで野垂れ死んでるやもしれませんが、そんなことわたくしの知ったことではございません。やっと手に入れた安楽な生活ですものホームレスには戻れませんわ。

こんな性格ですから、家人の皆さんは今は亡き先々代のチビねえ様を懐かしがるのでございます。平和主義で争いを好まず、家人の喧嘩にも仲裁に入ったそうでございます。

今日も要求貫徹のため、スリスリ、ゴロゴロ、ミャ〜、最後にガブリで迫るつもりでございます。ホッホ

ゆきネエでございます

Fuux8nj5
あれは3年前のことでございます。
ママの職場の裏のダンボール箱に4匹の子猫を産んだのは。
はい、若気の至りというやつでございます。ママ宅に引き取られ、職場のおばちゃん達のカンパで避妊手術をしましたが、4匹の子猫を里子に出すのにそれはそれは奔走したそうでございます。結局わたくし、ゆきにゃんはママ宅に居座る事になったのでございます。

よく家人は「このネコ何考えてるか分からんな。」と言いますが、はい、人間様には甘いひ弱な声で擂りより仲間にはキツーい性質でございます。雑種犬のベッキー姉さんとは、わたくしのネコパンチで動物病院に運ばれて以来犬猿?の仲でございます。といっても人間様に心許した事がございません。合わせ味噌してるだけでございます。野良生活はわたくしの性格をそうしたのでございます。

身を寄せた当時、気弱な先輩がおりましたが、ママの旅行中についにヤツを家から追い出すことに成功したのでございました。「太陽がいっぱい」の主人公みたいでございましょ。
ママは可愛そうだと、捜しましたが行方知れずのままでございます。どこぞで野垂れ死んでるやもしれませんが、そんなことわたくしの知ったことではございません。やっと手に入れた安楽な生活ですものホームレスには戻れませんわ。

こんな性格ですから、家人の皆さんは今は亡き先々代のチビねえ様を懐かしがるのでございます。平和主義で争いを好まず、家人の喧嘩にも仲裁に入ったそうでございます。

今日も要求貫徹のため、スリスリ、ゴロゴロ、ミャ〜、最後にガブリで迫るつもりでございます。ホッホ

2006年7月13日 (木)

ぼくはタイソン

Vbdsjjfx ぼくはタイソンです。

どうしてママのところに来たかというと、ぼくは覚えてないけど、迷子になって、警察のおっちゃんとこ預かってもらったんだ。そんで、その時ママのとこには先輩のフェレットが2匹おって、2匹も3匹も一緒や言うて里子になったんや。そやから戸籍はないねん。そんとき、お姉ちゃんがデカい健康優良児のボクにタイソンて名前付けたんや。おかげで、命拾いしたわ。
今となっては先輩の2匹おらんようになって、うちのママは「あんた引き取らんかったら、ペットの世話、楽になってるとこやのに、ぶりぶり」て言うけど、天真爛漫なキャラでお返ししてるつもりや。というても、人生の半分以上寝てるけどな。

ぼくの得意技はイナバウワー。ママと違って、体柔いねん。
苦手は爪切りや。ぼくの弱点、首ねっこつかまれて、鮟鱇の吊るし切りみたいな格好で、ママも重いから必死やし、仕舞いにぼくはアクビして自分ごまかすねん。

起きてるときはメリーさんの羊みたいにママの後ばっか追っかけて、上ばっかり見上げてるから、首凝りそうや。
好物はクロレラとかドライフルーツとか、ネコ缶もイケる。
ネコのゆきネエはママがいないところでぼくにネコパンチかますねん。コワいわ。

ママはぼくに芸仕込んで、ステージママになって、年金生活の足しにしようという魂胆らしいけど、なんせ、脳みそ小さいからムリや言うてんねん。ほな、よろしゅうに。